1985年3月ビルボードTOP10

1ヶ月半更新をさぼっておりました(^^ゞ

いよいよ今日から3月ですね。3月といえば暦の上でも春かな~と自分なりに感じており、一番好きな季節の到来に少し心躍らされています


今回は1985年3月2日付けのビルボードTOP10を掲載してみました。前回1983,1984年の掲載時は1月初めのチャートだったので、今回も1月のにしようか迷いましたが、季節に合わせることにしました。

自分の場合ちょうどこの時期は洋楽の聴き方に変化の出た時期でした。前年の11月からアメリカで人気のあった音楽専門チャンネルMTVが日本でも放送開始となり、毎週日曜日2時間だけでしたがヒットする前の楽曲をたくさん見られるようになったのです。

それまでは「ベスト・ヒットUSA」などヒット・チャートを中心にした洋楽番組だけでしたから、結局はヒットの後追いで聴いていたわけですが、MTVは新曲を中心に放映されたことから、そこからお気に入り曲を見つけ出すようになっていったのです。自分が良いな~と思った曲が1ヶ月くらい後にヒット・チャートにランク・インするなんてこともあり、それが洋楽の楽しみを倍増させてくれたものでした。ですから今回のチャートはヒットする前に聴いた(見た)曲がほとんどでした。


すみません、前置きが長くなりました(^^ゞ

今回のチャート皆さんはどのくらいご存知でしょうか






1985年3月2日付けビルボードTOP10


1位 ケアレス・ウィスパー(CARELESS WHISPER)/ワム(WHAM Featuring GEORGE MICHALE)


この曲はイギリスと日本では1984年夏にジョージ・マイケルのソロでリリースされていましたが、アメリカでは契約の関係上ワムの曲としてアルバムに収録されました。日本よりも半年遅れでヒットしていましたね。西城秀樹が「抱きしめてジルバ」というタイトルでカヴァーしていたかな。ジョージ・マイケルがちょっと違う世界にいってしまったのは寂しいですね^^;




2位 涙のフィーリング(CAN'T FIGHT THIS FEELING )/REOスピード・ワゴン(REO SPEEDWAGON )



この曲は個人的に80年代の名曲ベスト10に入ります。ヒットチャートにランクインする前にMTVで見て気に入りました。この後3週にわたり1位を獲得した時は嬉しかったです。PVは当時2バージョンありましたが、こちらのPVがお気に入りでした。






3位 カリフォルニア・ガールズ(CALIFORNIA GIRLS)/デイビッド・リー・ロス(DAVID LEE ROTH)


バン・ヘイレン脱退後にリリースされたソロ・アルバムからの第一弾シングルでビーチ・ボーイズのカヴァーという意表を突いた選曲が話題となっていました。映像は2004年のライブみたいですが、だいぶデイブのイメージが変わっていますね。当たり前か^^;





4位 ヒート・イズ・オン(THE HEAT IS ON )/グレン・フライ(GLENN FREY )


大ヒット映画「ビバリーヒルズ・コップ」のサントラからのヒット曲。彼はこの後映画「マイアミ・バイス」のサントラに「ユービロング・シティ」を提供してこちらもヒットとなりました。この年はドン・ヘンリーのソロ・アルバムもヒットしており元イーグルスメンバーの活躍が光っておりました。





5位 ラヴァー・ボーイ(LOVER BOY)/ビリー・オーシャン(BILLY OCEAN)


前年にブレイクし、この頃は絶頂期でしたね。PVは面白いつくりでした。






6位 ニュートロン・ダンス(NEUTRON DANCE)/ポインター・シスターズ(THE POINTER SISTERS)


こちらも映画「ビバリーヒルズ・コップ」サントラからのヒット曲。彼女達らしいアップテンポのメロディーがグッド。






7位 アイ・ウォナ・ノウ(I WANT TO KNOW WHAT LOVE IS)/フォリナー(FOREIGNER)



3年半振りにリリースされたアルバムからのファースト・シングルで、彼らにとってはシングルで初のナンバー1(2月2、9日付)を獲得しました。聖歌隊とのコラボが秀逸なバラード・ナンバー



8位 イージー・ラヴァー(EASY LOVER )/フィル・コリンズ(PHIL COLLINS)&フィリップ・ベイリー(PHILIP BAILEY )



意外な組み合わせだったが、フィル&フィリップの掛け合わせは見事。それにしてもフィリップの歌声を聴いて「この人どこからこんな声が出るのだろう?」と感心しました。フィルのドラムも圧巻です。現在フォープレイで活躍しているネーザン・イーストが作曲者でクレジットされていました。






9位 シュガー・ウォールズ(SUGAR WALLS)/シーナ・イーストン(SHEENA EASTON)



この曲はまったく聴いた記憶がありませんでした(^^ゞ80年代前半から続いていた人気に翳りが見え始めていた時期だったような。この後だったか彼女は日本の焼酎のCMに出演していました。





10位 ザ・オールド・マン・ダウン・ザ・ロード(THE OLD MAN DOWN THE ROAD )/ジョン・フォガティ(John Fogerty)




この曲も記憶にない(^^ゞジョン・フォガティという名前だけは聞いたことあったけど。そういえば同じ時期にジョン・キャファティという人もいましたよね^^;




音声ブログです良かったら聞いてください






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マーボウ
2017年06月11日 08:56
こんばんニャース
おぉ~かなやんさんも久し振りの更新だったダスね(@_@。
先ずは「ケアレス・ウィスパー」ダスね!この曲は今でもオイラのカラオケのレパートリーに入っておりマウス(^^♪ ジョージ・マイケルのボーカルは最高ダスね(^_^)v
「涙のフィーリング」は、オイラの大好きな曲でございマウス。REOスピードワゴンと言えば、「キープ・オン・ラビング・ユー」が有名だけど、オイラは「涙のフィーリング」の方が断然好きでございマウス(^-^)
「カリフォルニア・ガールズ」もよく聴いてたなぁ~、デイビット・リー・ロスはヴァン・ヘイレン時代の方が良かった気がするのはオイラだけダスかなぁ~
「ヒート・イズ・オン」は、グレン・フライの曲の中でも2番目に好きな曲ダス。一番はもちろん「恋人」ダス(*^^)v この曲を聴くと「エディ・マーフィー」を思い出すなぁ~
「ラヴァー・ボーイ」も懐かしいなぁ~ビリー・オーシャンと言えば「カリビアン・クイーン」が好きでございマウス(^^ゞ
大福
2017年06月11日 08:56
懐かしく見せてもらってます(´Д⊂グスン
みなさんジョンフォガティーを知らないんですねえ~次の『ROCK ROLL GIRL』もヒットしましたよ。この方は『Creedence Clearwater Revival 』通称CCRのボーカリスト&ギタリストで『雨を見たかい(Have You Ever Seen the Rain?)』が代表曲です。 この曲のPVは私の中ではかなりの秀逸です(ずっと電線をたどて行くPVです)。MTVでかなり高い評価もらってましたよ~長文すいません!
マーボウ(その2)
2017年06月11日 08:56
続きダス。

「ニュートロン・ダンス」かぁ~ これも懐かしいなぁ~ ポインター・シスターズと言えば、昔グラミー賞のプレゼンターとして登場して「スロー・ハンド」のメロディに乗せて受賞者を紹介していた事を思い出すダス^m^
「アイ・ウォナ・ノウ」は、耳にタコが出来るほど聴きました。オイラの大好きな曲であると同時にフォリナーの大ファンでもありマウス(^・^) オイラの大好きな「ガール・ライク・ユー」は今聴いても涙が出る名曲ダスよね(^O^)/
「イージー・ラヴァー」は、オイラのカラオケの十八番でありマウス(^_^)v 4年半前にアース・ウインド&ファイアーのコンサートを日本武道館に見に行った時に、フィリップ・ベイリーの生声を聴いたけど鳥肌が立ちました。本当に歌が上手かったダス(@_@。
「シュガー・ウォールズ」は微かに覚えているダス。シーナ・イーストンでは「マシナリー」が大好きで御座いマウス(*^_^*)
「ジ・オールド・マン・ダウン・ザ・ロード」は、やっぱりオイラも記憶に無いなぁ~この時期の「ジョン」と言えば「ジョン・クーガー」しか思い浮かびまセブン(^_^;)
かなやん
2017年06月11日 08:56
不思議の音楽館さん

はじめまして、コメントありがとうございます。

音楽館さんはチャートを手書きで記録していたのですか。すごいな~手書きは記憶に残りますよね。だから今回のTOP10はほとんどご存知でしょうか♪
ポインター・シスターズの曲は当時「ビバリーヒルズ・コップ」がヒットしていたこともあってけっこう耳にしていました。シーナ・イーストンの「シュガー・ウォールズ」はプリンスの作品だったのですか~知りませんでした。ひとつ勉強になりました。ありがとうございます(^・^)
よろしければ、またいろいろ教えてください。
スー
2017年06月11日 08:56
4月です♪そちらは桜満開に成って来ましたか?
まだまだ寒さがぶり返してますが・・

こちらは桜散り始めました・花びら舞ってます♪
シン
2017年06月11日 08:56
かなやんさん。こんにちは。
ジョンフォガティおっしゃるとおりのPVです。
あれはほんとに斬新でした。
さて、ジャーニー行ってきました。
ピネダものすごかったです。
熟練匠の技のおっさんバンドに小さい少年が一人跳ねまわっている・・・そんな感じでした。
あとで、ピネダの年齢調べたら、41歳なんで、あの体力にはびっくりしました。
完全に過去の名曲を自分のものにしてる感じをうけ、まったく違和感なく楽しめました。
ニールショーンも結構年だとは思いますが、あいかわらずめちゃくちゃ上手かったです。
やっぱりこのころの曲は最高ですね。
また、楽しみにしてます。

ahiru_kun
2017年06月11日 08:56
こんばんは。

私は、この頃に洋楽を聴き始めた頃です。
当時、チャートを追いかけて聴くのが、
やっとでしたので、その後知った曲も
結構有ました。
「EASY LOVER」がネーザンが作曲( ..)φ
知りませんでした。
恥ずかしい話ですが、
当時、フィリップ・ベイリーの事も
よく知らなくて(^^ゞ
かっこいい曲だなぁと思い、
聴いていました。
不思議の音楽館
2017年06月11日 08:56
こんばんは♪
ちょうどチャートを手書きで記録していた頃なのでよく憶えています。
この中だとポインター・シスターズの曲は記憶にないかなあ。シーナ・イーストンの「シュガー・ウォールズ」は確かプリンスの作品で話題になっていたような記憶があるんだけど。
マーボウ(その3)
2017年06月11日 08:56
またまた続きダス。

今回も全曲完全制覇!! 約45分の本当に素晴らしい時間だったダス(*^^)v 久し振りにお邪魔させて頂いてとても感激で御座いマウス(^o^)
やっぱり洋楽は最高ダスね(#^.^#)
かなやんさん、ありがトーマス(^-^)
次回も期待しておりマウスm(__)m
PS.かなやんさん、英語の発音素晴らしいダスなぁ~)^o^(

長々書いてスイマメ~~~~ン(^_^;)
続き・・♪
2017年06月11日 08:56
6位 ニュートロン・ダンス
これ面白い~~画像が~~♪
ウキウキ気分~~~

7位 アイ・ウォナ・ノウ
バラードですね・・でも覚えて無い~~~
Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!

8位 イージー・ラヴァー
フィルコリンズって・歌ってたのね~~
殆ど知らなかった・

9位 シュガー・ウォールズ
これも・・殆ど知らない~~~・・

10位 ザ・オールド・マン・ダウン・ザ・ロード
これも・・

今回は殆ど記憶に無い時代かも・・
この前当たりが知ってるのかな?年代・

何時もコメがオーバーしちゃう・・
ゴメンね~~~♪(⌒-⌒)ニコニコ...♪
又かなやんさんの声・
・聴いちゃった~~~♪

この記事へのトラックバック