マイケル・ジャクソン 永遠に

マイケル・ジャクソンの突然の訃報には驚きました。

画像


3月に「7月からワールドツアーを行う」という会見を開き久しぶりに元気な姿を見せたばかりだったのに・・・

画像



50歳での旅立ちは早すぎます。あまりある才能をもっと見せてほしかったのですが。。。




彼が80年代に放ったヒット曲をメドレーにしてみました





画像自分がマイケルを初めて知ったのは、中学生の時にテレビで流れていたスズキのスクーターCMでした。自身の曲をバックに踊り「LOVE IS MY MESSAGE」と喋っている姿を見てカッコいな~と思ったものです。それからほどなくして洋楽に興味を持ち彼の音楽を聴くようになったのです。ちょうどアルバム「スリラー」がヒットしていた時期でした。


80年代に洋楽を聴いていた世代にとって彼の存在は、好き嫌いを問わず間違いなく一番印象に残るアーティストではなかったでしょうか。当時は洋楽に興味がなかった人達でさえマイケル・ジャクソンは知っている。そんな存在でした。



このブログで一番最初に書かせてもらったのも彼でした



画像

1978年にダイアナ・ロスの紹介で名プロデューサーだったクインシー・ジョーンズと出会い、彼のソロ活動は大成功を収めることになります。




少し自分の中で印象的だったものを書いてみます。


お気に入りだったアルバム

オフ・ザ・ウォール画像
クインシー・ジョーンズをプロデューサーに迎えた初のソロ・アルバムで1979 年リリース。「今夜はドントストップ」「Rock With You」「あの娘が消えた」など多くのヒットを連発。ソウル、ダンスナンバーが融合した聴き易いサウンドに仕上がっており、人種の壁を越えて多くに支持を得ながら数年をかけ売上が世界で2000万枚を越える。マイケル自身が何曲かの作詞、作曲を手掛けソング・ライターとしての評価も高める。また当時スクーターブームだった日本でスズキのスクーターCMにも出演している。バックに流れていたのは「今夜はドントストップ」であった。






スリラー
画像
1981年初頭から数ヶ月間、世捨て人のように自宅にこもり曲作りに専念し、1982年にこのアルバムをリリース。累計販売枚数が1億枚を超え歴史上一番売れたアルバムとなる。第一弾シングル「ガール・イズ・マイン」はポール・マッカートニーとのデュエットとして大きな話題になった。以降「ビリー・ジーン」「今夜はビート・イット」「スリラー」などビッグヒットを連発。アルバム収録9曲のうちなんと7曲がシングルカットされ全てTOP10入りするというまさにモンスターアルバム。







プロモーション・ビデオの常識を破った「スリラー」



画像1983年12月100万ドル(当時1ドル240円近辺だったので日本円に換算すると2億4千万という巨費)の制作費を投入してつくられたプローモーション・ビデオ。当時はPVの制作費が数万ドル程度とされており、ストーリー展開、放映時間が14分という長さなど常識破りであった。また人気映画監督だったジョン・ランディスがメガホンをとるというのも異例であった。

アルバム「スリラー」発売から既に1年を経過していたが、このビデオがマイケル人気に拍車をかけアルバムセールスが驚異的に伸びた。これが他のアーティストにも影響を与え凝ったつくりのPVが多くなっていく。





歴史的な名曲「WE ARE THE WORLD」製作

1985年にはアフリカ飢饉救済ユニット「USA FOR AFRICA」の中心メンバーとして「WE ARE THE WORLD」をライオネル・リッチーらと共作して慈善事業も手掛ける。この曲は80年代洋楽ファンなら知らない人はいないでしょう。バンド・エイドの結成に刺激を受けUSA・フォー・アフリカが結成されマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが84年のクリスマス休暇に曲を書き上げた。1985年1月28日に行われたアメリカン・ミュージック・アワード終了後にアメリカを代表するアーティストが集い、クインシー・ジョーンズのプロデュースのもと録音された。ライオネル、マイケルはもちろんスティービー・ワンダー、ビリー・ジョエル、ブルース・スプリングスティーンなどが一同に会したのは感動もので、初めてPVを見た時は鳥肌が立ちました。1985年4月に全米ヒットチャート1位となり年間チャートでも6位を獲得。



WE ARE THE WORLD





80年代に放ったヒット曲


1980年

Off the Wall

She's out of My Life


1982年

The Girl Is Mine


1983年

Billie Jean

Beat It

Wanna Be Startin' Somethin'

Human Nature

P.Y.T. (Pretty Young Thing)


1984年

Thriller


1985年

We Are the World(as USA for Africa)


1987年

I Just Can't Stop Loving You

Bad


1988年

The Way You Make Me Feel

Man in the Mirror

Dirty Diana

Another Part of Me

Smooth Criminal



個人的に好きだった曲。ETストーリーブックに収録されていた「Someone in the dark」





画像80年代カリスマ的な人気を誇り「キング・オブ・ポップ」と称されたマイケルも、90年代以降は様々なスキャンダルに見舞われる。そして運命の6月25日を迎え、彼はほんとうに「スター」になってしまった。


80年代に読んだインタビュー記事で彼は自身のことを「僕はまったくのひとりぼっちなんだ」と言っていた。



彼に聞いてみたかった。

「マイケルやっぱりひとりぼっちだったのかい」



ご冥福をお祈りいたします


マイケル・ジャクソン永遠なり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マーボウ(その5)
2017年06月11日 08:56
これで最後です。

ビートルズとマイケルの事になると書き過ぎちゃって、かなやんさん、本当にゴメンなさい。
俺が自分の好きな音楽の中に「マイケル」
の文字を入れないのは、彼が俺にとっては永遠のアイドルだからです。神様であるビートルズは「皆のもの」、アイドルであるマイケルは「俺だけのもの」と言う勝手な解釈で決めました。
あっっそうだ!10日にね、「サイモン&ガーファンクル」のコンサートに行ってきたよ。最近辛い事ばかりだったから、本当に良い気分転換が出来ました。詳細は、俺のブログに載せてあるので、また見に来てね!
本当に長々書いてしまって、ご迷惑を掛けました。
かなやんさん、許してね(^-^)
不思議の音楽館
2017年06月11日 08:56
こんばんは、かなやん様♪

80年代は間違いなくマイケル・ジャクソンの時代でした。自分にとって洋楽が一番輝いていた時代のスーパー・スターが逝ってしまうとは寂しいかぎりです。何なんだろうこの空虚さは?
かなやん
2017年06月11日 08:56
マーボウさん

~続きです。

「スリラー」のPVはほんとうに衝撃的でしたね。忘れもしませんが1983年12月のベスト・ヒットUSAクリスマス・スペシャルでノーカット放送を見たときの興奮は鮮明に覚えています。ストーリーやダンス・パフォーマンスすべてが最高でした。

ポールとデュエットした「ガール・イズ・マイン」、「セイ・セイ・セイ」どちらもよかったです。マーボウさんにとっては神様とアイドルの共演は最高だったことでしょう。「ザ・マン」は残念ながら聴いたことがありません。きっといい曲なんでしょうね。

「キング・オブ・ポップ」という称号がいつからついていたのか知りませんでしたが、彼にピッタリでふさわしい呼び名だと思います。音楽界に金字塔を打ち立てた功績は素晴らしく、またリアルで聴けたことが我々にとっては最高でした。マイケルは永遠ですよね。

ahiru_kun
2017年06月11日 08:56
かなやんさんこんにちは。
突然の訃報驚きました。
マイコ―の曲は好きでよく聴いていました。
正直今でも信じられません。
ご冥福をお祈りいたします。
ややちゃん
2017年06月11日 08:56
初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま~す
スー
2017年06月11日 08:56
ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう♪

マイケルの訃報は本当にショックでした・
カレの歌声は本当にやさしく綺麗で透き通ってたように感じます・
訃報聞いたときは私もコメント無いのに日記書いてしまいましたよ・・残念ですね===!!
何回カレの歌聴いたかな?・・・
しばらくは放心状態で3日間くらいはカレの歌集めて聴き捲くりでしたもん・・
子どもから「飽きらんと?」と言われ・
それでも日中聞いてました・
色んな噂に振り回された人生だったのかな後半は・・(-_-)ウーム・・今からは天国で安らかに過ごせると思ってます♪誰にも邪魔されないで!
最後の曲・・「Someone in the dark」
頂いて良いかな?
綺麗です・・声が・・(o^-^o) ウフッ♪
リンムー
2017年06月11日 08:56
かなやんさん、こんばんは。
私は特にファンというわけではなかったけど、かなやんさんが書かれている通り、個人的な好き嫌いを超越して誰もが認めざるを得ない特別な才能を持ったスターでしたよね。本当に残念です。
マーボウ(その4)
2017年06月11日 08:56
またまた続きです。

「キング・オブ・ポップ」彼に相応しい称号ですね。
俺にとっては、彼の私生活など全然興味無かったし、彼の音楽に触れていられるだけで十分でした。
ブラコンの素晴らしさを教えてくれたマイケルには、本当に感謝しています。マイケルは、やっぱり俺にとっては永遠のアイドルです。今もこの先もズッーとね!
実は、彼の死と時を同じくして、もう一人の俺のアイドルが天国に旅立ちました。ファラ・フォーセットです。マイケルの死と同じくらい衝撃を受けました。一日に二度も絶望的な衝撃を受けるとは夢にも思いませんでした。これも運命の悪戯でしょうか。
二人の冥福を祈るばかりです。本当は信じたくないけど………。
マーボウ(その3)
2017年06月11日 08:56
また続きです。

「スリラー」のPVは衝撃的でした。PVと言うよりも短編映画の領域でしたね。俺の大好きなジョン・ランディスが監督を務めていた事もあって、一発で気に入りました。最近フルバージョンでPVを観る機会があったけど、何度観ても最高です。最高のパフォーマンスです。
ポールとデュエットした時も衝撃的でした、と言うよりも本当に嬉しかったです。嬉しくて涙が止まらなかった事を今でもはっきり覚えています。俺にとっての神様とアイドルが共演してくれるなんて夢にも思わなかったからね。
「ザ・マン」は、二人のデュエット曲の中では一番好きです。「ガール・イズ・マイン」も「セイ・セイ・セイ」も好きだけど、やっぱり「ザ・マン」が一番好きだなぁ~
またいつか二人がデュエットしてくれると信じていたんだけど………。本当に残念でなりません。
マーボウ(その2)
2017年06月11日 08:56
続きです。

ビートルズが俺にとって音楽の神様だとしたら、マイケルは、俺にとって永遠のアイドルです。彼の声もダンスも音楽性も全て大好きです。ビートルズ以外に、これだけ夢中になったアーティストは、マイケル以外に居ません。マイケルは、フレディ・マーキュリーの死後、間違いなく世界ナンバーワンのパフォーマーです。
ジャクソン5のマイケルもソロのマイケルも、全部俺にとっては憧れの的でした。彼の声やダンスを真似て大騒ぎしていた時もありました。
何もかもが新鮮で、カッコ良かったのです。
初めてマイケルの曲に触れたのが、兄から借りたジャクソン5の「アィル・ビー・ゼア」だったと思います。聴いた瞬間に鳥肌が立った事を今でも忘れられません。透き通るような歌声に一発で魅了されてしまいました。ブラコンに嵌り出したのもマイケルの影響でした。
パピー♪
2017年06月11日 08:56
:.゚。+。。かなやんさん~:.゚。+。。

おはようございます。

マイケル・ジャクソンの突然の訃報には本当に驚きました。
才能ある方がまた一人逝ってしまいましたね?
本当に私たちが立ち入れない世界でしたが、心も身体も寿命を全うされたのかな?とも思います。
本当に歌が好きだったマイケル・ジャクソン~もっともっと素敵な歌を聞かせてほしかったですね?華やかな世界に身をおいた彼の心の中はいま一つ満たされていなかったのでしょうか?それは誰にも分からない事でしょう~でも、私も彼に聞いてみたい気がします。

暑い日が続きます~お身体ご自愛くださいね。

みりや
2017年06月11日 08:56
おじゃまします。かなやんさん。
今日、いつも聴いているラジオで彼の追悼特集でした。
洋楽は疎い私のような者でも、彼の存在は青春の一ページ。「ビリー ジーン」をリクエストしました。
訃報以来、主人も盛んにムーンウォークを披露しますが、どう見ても<あとずさり>です(悲)青春が又ひとつ消えました。

マーボウ(その1)
2017年06月11日 08:56
こんばんニャース

かなやんさん、ご無沙汰してしまったダス。
マイケルの死は、本当に残念で仕方ありません。今でも信じる事が出来ません、と言うよりも信じません。これは彼独特のジョークだと思っています。きっとまたステージに上がってくれると信じています。マイケルは不死身だよね。
マイケルの死後、何も手に付かなくてね、全てのマスメディアを遮断して暫く過ごしていたよ。PCに向かう気力も無くてね、おまけに仕事をしていてもボッーとしているばかりで、自分が自分で無くなった気がしていました。つい先日、このままでは自分がダメになってしまいそうだったので、思い切って心の整理をつけました。でもね、やっぱりどうしてもマイケルの事を考えるとね心の動揺が修まらない時が今でもあります。自分の未熟さを痛感してしまいます。

この記事へのトラックバック